肝臓サプリにはどんな成分が含まれている?

肝臓サプリにはどんな成分が含まれている?

昔からお酒をよく飲む人にはしじみがいいと言われていますが、これはオルニチンと言われる成分が含まれているためです。

肝臓サプリに含まれる成分の代表格で、肝機能の低下に悩んでいる方におすすめです。肝臓は人体の化学工場と言われており、有害毒素を排出するために役立ちます。

毒素が蓄積すると免疫力が低下しますし、アレルギーのリスクが大きくなります。肝臓が弱ってくると疲れやすい体質になるので、疲労解消のためにも肝臓サプリがおすすめです。

疲労は少しずつ蓄積して慢性疲労になるため、自覚したときが対策するタイミングとなります。

肝臓サプリの成分の定番はオルニチン

肝臓サプリの成分の定番はオルニチン

オルニチンを安定的に摂取するには毎日しじみを食べる必要がありますが、現実的に毎日摂るのは無理があります。肝臓サプリなら安定的に摂取できるので、肝臓を労わりたい方におすすめです。

若いころは元気を維持できますが、年齢を重ねてくるとそうはいきません。肝機能の低下はそのまま体力の低下につながるので、中高年を元気に乗り切るためにもサプリを飲みましょう。

サプリのメリットは副作用がないことで、長期連用をするのに適しています。体質を変えていくことが健康の秘訣であり、実感後もサプリを継続してください。

ウコンも肝臓サプリに良く含まれている成分

ウコンも肝臓サプリに良く含まれている成分

ウコンも肝臓サプリに使用される素材の代表格で、黄色い色素のクルクミンが肝機能をサポートしてくれます。

一般的にウコンサプリに使用されるのは秋ウコンであり、これを粉末にしたものがスパイスのターメリックです。カレーライスは肝臓によいと言われますが、これはターメリックがたっぷりと使用されているためです。

ターメリックは健康維持に効果的なので、肝臓サプリ以外にも使用されています。優れた抗酸化力を持っているので、免疫力を高めたり美容を促進したりできます。

もちろんお酒をよく飲まれる方にも効果的で、悪酔いを予防することができるでしょう。

肝機能の回復をサプリでサポート

肝臓の元気を維持するには週に2回は禁酒日を設定するのがおすすめで、それにより肝機能を回復させることができます。肝機能は年々低下していきますが、対策次第で何歳になっても元気を維持できます。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、ダメージが表面化しにくい性質があるわけです。しかしある程度ダメージが蓄積すると、他の臓器にも影響してくるからやっかいです。

初期の段階では無自覚・無症状のことが多いため、サプリでサポートしてあげる必要があります。

肝機能が低下するとデトックスが正常に行われなくなり、体内毒素を蓄積させる点にも注意してください。