ALT、AST、γ-GTPの基準値と数値を下げる方法

ALT、AST、γ-GTPの基準値と数値を下げる方法

人間ドックで肝臓の状態を把握する際に検査される代表的なものがALT、AST、γ-GTPです。

いずれの数値も肝機能の状態を知る上において重要な要素になり、検査結果によっては適切な処置が求められます。

例えばγ-GTPなどは言葉としては一般の人にも多く知られていますが、対処をする前にどのようなものを指すのか理解をしておく必要があります。

ALT、AST、γ-GTPを正しく理解しよう

簡単にはALTとASTは幹細胞のことを指し、γ-GTPとは胆管でつくられる酵素を指します。これら3つはトランスアミナーゼと呼ばれおり、アミノ酸の代謝に関わる働きをしています。

ALTとASTは健康な人の血液中にも見られる酵素です。どちらもタンパク質を分解してアミノ酸をつくる働きを持ち、ALTはそのほとんどが肝臓に存在します。

一方ASTは心臓や赤血球、腎臓、筋肉などにも存在し、両方が上昇している場合には肝臓の疾病、ASTのみであれば心筋梗塞や筋肉の破壊といった症状が疑われることになります。

健康な人の場合にはASTの方が高くなるために、ALTが高い場合には肝障害の疑いが強くなります。

ALTとASTが高い主な理由には、アルコールの過剰摂取、肥満、薬やサプリメントによる影響、過度な運動が知られています。

下げる方法はこれら生活習慣の見直しがあり、禁酒やダイエット、サプリメント等摂取の中止などで効果が期待できます。

ただし、ウイルス感染によって肝機能障害が発症している場合も上昇するケースがあり、高い場合には医療機関での指示に従うことが重要になります。

γ-GTPは肝臓や腎臓、膵臓などの細胞に含まれている酵素です。たんぱく質を分解する働きがあり、組織障害や肝・胆道系に閉塞がある場合に血液中に流れ出てきます。

検査には良く用いられており、数値が高い場合には何らかの異常が起きていると判断されます。

肝臓を労わるなら、やはりアルコールの摂取を控えよう

肝臓を労わるなら、やはりアルコールの摂取を控えよう

γ-GTPの特徴の1つにアルコールに敏感に反応することがあります。一般的にはアルコールによる過剰分泌から数値が上がり、場合によっては胆汁の中から血液に漏れだします。

正常値を越えている場合には肝機能が低下していることを意味し、肝硬変やアルコール性肝障害、薬物性肝障害、脂肪肝や慢性肝炎などが考えられます。

下げる方法はALTとAST同様に生活習慣の見直しがあり、特に飲酒を控えることが効果があります。

ALTとASTの基準値は、ALTでは7〜38IU/L、ASTで4〜44IU/Lになります。

γ-GTPは男性が80IU/L以下、女性の場合には30IU/L以下になっており、検査で高い数値が出た場合には再検査を受けることが大切です。